人気ブログランキング | 話題のタグを見る

shimo blog

建築探訪 日南市文化センター

三年ぶりの投稿
ハネムーンでオスロ行ったぶりの投稿
まだ福岡にいます、去年10月に息子が生まれました。朔(さく)ちゃんです。
世の中はインスタ映えやらで盛り上がってるけど(自分も)、このブログ、文章を書く練習に、自分の考えを何かアウトプットする手段を、という想いで大学院1年生の時に始めた。(当時はインスタとかも流行ってなく、諸先輩方は結構ブログやってた)今見返すと恥ずかしい文章ばかり、、でも写真と一緒にログとして残るのは面白いし、当時の記憶が蘇る。

というわけで、はじめて息子を連れた建築探訪、旅の健忘録を久々に綴ろうと思う。
携帯から初投稿(3年でやたら便利になりました)


陸の孤島と呼ばれ続けていた東九州(大分、宮崎)も東九州自動車道の開通により飛躍的に交通の便が向上(とはいえども大分市→宮崎市:3時間!)
これを機にあの建築を巡礼しようと、Google マップで検索すると日南市まで大分市から4時間、生後2ヶ月のおちびーぬを連れて行くにはハードル高し、、日帰りでは厳しいと急遽宿を予約し旅がスタート。

佐伯以南の東九州道は初めてだったが、左手に広がる太平洋、、慣れ親しんだ別府湾は池の如く、、
宮崎ICから下道、国道220号、延々とつづくワシントニアパーム、、
南国宮崎これでもかと!!


宮崎ICからさらに南下1時間、日南市に到着。
宿は日南南郷プリンスホテル
九州にプリンスホテルあるんやと思いつつ獲った宿、
ここが素晴らしかった。

建築探訪 日南市文化センター_e0183452_23214934.jpeg

建築探訪 日南市文化センター_e0183452_23224759.jpeg

建築探訪 日南市文化センター_e0183452_23233516.jpeg

建築探訪 日南市文化センター_e0183452_23242029.jpeg

まさにオーシャンビュー
ここ化けます。インバウンドで化けます。
さすがセゾングループ、いいもの持ってます。


翌朝
日南の空、快晴

建築探訪 日南市文化センター_e0183452_23274201.jpeg

建築探訪 日南市文化センター_e0183452_23284362.jpeg

建築探訪 日南市文化センター_e0183452_23291600.jpeg

建築探訪 日南市文化センター_e0183452_23301630.jpeg

建築探訪 日南市文化センター_e0183452_23304506.jpeg

建築探訪 日南市文化センター_e0183452_23570617.jpeg

建築探訪 日南市文化センター_e0183452_23324996.jpeg


日南市文化センター 丹下健三 1962

日南市街に現る、もはや遺構

東京五輪の2年前
代々木第一体育館の2年前
九州の南の果てに、この公共施設は竣工したのです。

当時の竣工写真では周りは何もない野っ原。
エネルギッシュな、、少し威圧的でもあるこの建築が、当時の日南の人々に与えた印象はすごかったんだと思う。平成も終わろうとしている今、現役とは、、

結果九州に唯一の丹下建築、55年前も今も、同じ日南の蒼い青空の下、輝く。(今は黒光り)


建築探訪 日南市文化センター_e0183452_23573759.jpeg

親切な管理人さんに内部も案内して頂く。
稼働状況も聞き、土日は割と地域活動に使われている様子。ただ55歳の個性的なこの施設、市民から色々な意見があるらしい。陸の孤島と言われる地方都市、財政も厳しいとのこと。最低限の修繕を行いながら、現役の公共施設であり続けていることは素晴らしい。大事に使って頂いていることに感謝したい。その状況を実際観れたことは、インスタ映えよりも、遥々来た甲斐があった。



建築探訪 日南市文化センター_e0183452_23311366.jpeg

建築探訪 日南市文化センター_e0183452_23553490.jpeg

だけど、ばっちしインスタ映え。
(朔ちゃん初建築探訪記念すべき家族写真◎)

建築探訪 日南市文化センター_e0183452_00001111.jpeg

開口越しのファミマ
丹下もびっくりだろう。


巨匠丹下の建築です。
建築文化的価値があります。

そう思うのは建築関係者だけで、
市民にとってはくたびれた公共施設。
辛うじて残ってるのに安堵するだけでは駄目であり、
これからどう残していくか、、 

55歳現役の丹下建築を観た感動と、くたびれた建築を見た焦りが交錯した。


おわり



# by shimo0223 | 2018-01-07 22:37 | discover